総量規制と消費者金融について

消費者金融業者を利用してお金を借りたいという場合ですが、法律上の規定である総量規制については、ある程度の知識をもっていたほうがよいといえます。このような規制によって、一定の条件が満たせなくなったために、結局は望んでいるような借入ができなかったということもあり得るからです。
総量規制というのは、借金の返済に苦しむ人が出ないようにするため、借金を申し込んできた人の年収の3分の1を超えるような貸付を制限するという内容のことを指しています。かつては現在よりも消費者金融業者などからの借金が容易にできて、審査もそれほどきびしくはなかったため、複数の業者からの借金で多重債務におちいり、自己破産をする人が増えてしまったことがあったため、このような法律の規制が強まってしまったのです。
そのため、消費者金融業者から高額の借入をする場合には、この規制による年収制限に該当しないかどうかを確認するため、収入証明書をあらかじめ提出することを求められる場合があります。また、総量規制というのは、ひとつの消費者金融業者ごとに金額を判断するのではなく、複数の業者から借入をしている場合には、それらをすべてトータルした上で、年収の金額に照らして判断することになります。
いずれにしても、お金を借りたい人にとっては、逆に規制のために借りにくくなっているという状況があります。銀行のように貸金業者にあたらない業種の場合には、総量規制の適用を受けないため、消費者金融業者で審査にパスできなかったときには、こうした総量規制と言われているものではない融資カードローンで再チャレンジしてみるという手段もあります。